森林管理の収益配分 所有者に1ヘクタール70万円 新制度理解求める 林野庁試算

新たな森林管理制度の収益配分を巡る林野庁の試算

 新たな森林管理制度で、経営者と所有者への収益配分を巡る林野庁の試算が15日分かった。低コスト化や国の事業の活用を進めれば、市町村の計画に基づき新たな経営者に管理を委託した所有者に、1ヘクタール当たり70万円程度が支払われると試算した。所有者にも適切に収益が配分されるか疑問の声も上がる中、同庁は試算の提示で、新制度の実効性に理解を求める構えだ。
1 2

おすすめ記事

営農の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは