復旧阻む 雪雪雪・・・福井

ハウスに降り積もった大量の雪。JA職員らによる懸命な除雪作業が進められている(福井県越前市で)

 記録的な大雪に見舞われた福井県では、農道や細い道路の除雪が追い付かず、降り始めから10日以上たった16日も、被害を受けたビニールハウスなどに近づくことさえできない状況だ。果菜類の定植や水稲の育苗などを控えるハウスも多い中、先の見通しがつかない。昨秋の台風や1月の大雪による影響も尾を引いており、経営に追い打ちをかけかねない。今後も被害拡大が見込まれ、人手や資材の確保ができるのか。農家は不安を募らせている。
 

ハウス近づけぬ 園芸産地に打撃


 一面雪に覆われた丘陵地が広がる同県あわら市。5日から降り積もった雪は、高さ約3メートルのハウスの屋根近くまでを埋め尽くす。475戸が所属する花咲ふくい園芸組織協議会の上出儀作会長は「50年以上農業を続けてきたが、こんな雪は初めて。24時間で1メートル以上積もり、雨でいえば集中豪雨のような雪だった」と振り返る。自身のハウスの一部でも被害があった。周辺の積雪で近づくこともできないという。

 県内最大の園芸地帯を抱える地元のJA花咲ふくいでは、確認できた園芸用のハウスだけで約200棟がほぼ全壊。3月以降にはメロンなどの定植作業が控えるが、倒壊したハウスの再建を間に合わせるのは難しい状況だ。昨年10月の台風でも、65棟の倒壊を含む計312棟で被害が出た。その復旧半ばで、被害が重なった。

 上出会長は「年間計画が狂えば、産地全体の問題になる。高齢の農家の離農にもつながりかねない」と懸念し、ハウスの撤去にかかる人手や資材などの支援の必要性を強調する。JAは「露地品目に転換してもらうなどして何とか所得を確保したい。まずは状況を確認し、見舞金などの支援を検討していく」(園芸振興課)とする。
 

除雪や状況調査 県、JA懸命に


 影響を最小限に食い止めようと、県内の各JAや行政の職員らは、被害状況の調査や除雪支援などを懸命に続けている。約130センチの積雪を記録した越前市では、2年前に建てたばかりという耐雪性のハウスも押しつぶされた。急激に降り積もった影響で雪がやんだ後もハウスに近づけず、重みを増した雪で数日たってから倒壊する例も多いという。

 鯖江市や越前市などを管内とする丹南農林総合事務所とJAたんなん、JA越前たけふなどは、合同チームをつくり、9日から休日を返上して、作業に徹している。ただ、農道に降り積もった雪が被害状況の確認や復旧作業を阻んでいる。

 農水省によると、県内の園芸施設共済の加入率は51・8%(2016年度)だが、共済金の支払いには、まず現地での被害状況の確認が必要となる。
 

全半壊654棟 堆肥舎も


 県によると、農業被害(15日午後5時現在)がパイプハウスの全半壊で654棟、堆肥舎の倒壊で1棟確認されているが、今後も被害件数は拡大する見込みだ。農業生産や組合員の生活の再建に向け、JA福井県五連の雪害対策本部は、被害状況の把握と、人手や資材の確保など、必要な支援に努めていく構えだ。(斯波希)

おすすめ記事

地域の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは