米政策改革 揺れる集落営農 基盤維持 拭えぬ不安 住民参加 支援を 先進地・長野県飯島町

生産した米が入るフレコンを前に、集落営農の展望を模索する紫芝代表(左)(長野県飯島町で)

 政府が「攻めの農業」を推進する中で、今年から米政策が大きく変わり、国による生産数量目標の配分がなくなった。稲作を中心とした集落営農組織が米価動向の先行きに不安を抱える中で、地域農業の基盤をどう維持していくか。各地でその課題と向き合っている。集落営農の先進地、長野県飯島町で担い手法人の現状を探った。
1 2

おすすめ記事

農政の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは