HACCP義務化 東京五輪までに施行 食品衛生法国会論議へ

 政府は今国会に、全ての食品事業者に危害分析重要管理点(HACCP)の導入を義務付ける食品衛生法改正案を提出する。先進国で義務化が進む中、輸出拡大や訪日客の増加を踏まえ、国際レベルの衛生管理体制を整える。HACCP導入の負担感が強い小規模事業者向けには、緩やかな基準を設ける。義務化までに一定の猶予期間も設ける方向だ。2020年の東京五輪大会までの施行を目指す。
1 2

おすすめ記事

農政の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは