お花見気分佐賀の酒PR 東京にバー登場

来店客が桜の花びらに浸かり、佐賀県産の日本酒を楽しんだ期間限定バー(東京・表参道で)

 桜の花びらを敷き詰めたプールに浸かって佐賀県産の日本酒を楽しめる期間限定のバーが東京・表参道に登場し、話題を呼んだ。

 飲み物や食材は全て同県産。アスパラガスの漬物などのつまみを提供し、ジェイエイビバレッジ佐賀のみかんジュースも用意した。来店客は、ビニール製の花びら120万枚を深さ50センチまで入った木製のプールの中で、県内の蔵元22社が造った日本酒3銘柄の飲み比べなどを楽しんだ。

 店名は「サクラチルバーby佐賀ん酒」。中小企業のPRを支援する、さが県産品流通デザイン公社が初めて開いた。訪れたさいたま市の会社員、阿部香穂さん(25)は「一足早い春と佐賀の日本酒の味わいを感じた」と喜んでいた。11日まで。

おすすめ記事

経済の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは