[食農応援隊 大学生リポート](33) 農業の良さ学び人生もっと楽しく 魅力発信へ直売所を建設 福岡県中心の学生グループ agri+

保育園児と田植えをするメンバー(福岡県糸島市で)

 福岡県を中心に福岡大学の学生20人、中村学園大学の学生3人が活動しています。「農業で人生をプラスに!」をモットーに、引きこもりの方やニートの方も巻き込みながら、自分たちでショウガを育てたり、九州の農家のお手伝いをしたりしながら、農業について体系的に深く学んでいます。

 農業体験の中で、農業界には「6K」と言われるマイナスイメージが根強く残っていることを知りました。しかし、農業について深く学んでいる方々と交流することで、6Kというイメージ以上に、農業には隠れた魅力や経験しないと分からない魅力がたくさんある産業だと気付きました。

 そこで僕たちは、多くの人に農業の魅力を伝え、農業に対するイメージを変えようと考えました。この想いに共感してくれた糸島地域の沖農園とタッグを組み、魅力を伝えられる直売所を作ろうと、クラウドファンディングで支援金を募ったところ、115万円もの資金を集めることができました。

 まずは、この直売所を完成させて、たくさんの人に訪れていただくことで、農業の隠れた魅力や経験しないと分からない魅力を発信していきます。

 そして、自分たちだけでなく、たくさんの人を巻き込みながら前に進んでいきます!(代表・桐島大河=福岡大学)

  キャンペーン「若者力」への感想、ご意見をお寄せ下さい。ファクス03(3257)7221。メールアドレスはwakamonoryoku@agrinews.co.jpフェイスブック「日本農業新聞若者力」も開設中
 

おすすめ記事

若者力の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは