かんきつ園改植代行 借りたらすぐ収穫規模拡大を後押し 三重県の農地バンク

 果樹農地を借り受け、収益性の高い品種に植え替えて、未収益期間を経た後に、担い手に貸し出す「改植代行」を三重県の農地中間管理機構が始めた。未収益期間をなくすことで、新規就農者の確保や担い手の規模拡大を後押しする。3月には熊野市で、貸し出し事例の第1号が誕生した。「改植代行による貸し出しは全国の農地集積バンクで初の取り組み」(同県)。
 
1 2

おすすめ記事

農政の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは