大山黒牛カレー 鳥取県境港市

大山黒牛カレー

 鳥取県境港市の日本食品工業が、第11回全国和牛能力共進会第7区肉牛群1位に輝いた県内農家と共同で開発したレトルトカレー。入賞農家の肉を使い、化学調味料は不使用。「レトルトカレーの常識ではあり得ない」(同社)という、5時間煮込むこだわりで、価格も自称“日本一”だ。

 東京のフランス料理店「ラ・ファソン古賀」の古賀義英シェフが監修。国産タマネギをあめ色になるまで炒め、スネ肉などと長時間煮詰めてブイヨンを作った。ルウに県産小麦「大山こむぎ」、具材にバラ肉の塊を使った。200グラム入り2160円。同社通販サイトの他、米子市の農家直営焼き肉店「強小亭」でも販売する。問い合わせは同社、(電)0859(44)7601。

おすすめ記事

一村逸品の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは