17年産米 共計経費目標 半数で前年下回る 全農

 JA全農は、2017年産米の流通・販売で必要と見込まれる県域の共同計算経費の上限目標額をまとめた。対象は26府県本部。米の早期販売を進め、流通や保管費用などを抑える。16年産の目標額に比べると、前年を下回る産地が12と半数近くを占め、前年を上回る産地より多くなった。
1 2

おすすめ記事

経済の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは