畜産GAP26農場に 3月末で創設1年 認証加速が課題

 畜産向けの日本版農業生産工程管理(畜産GAP)の創設から1年たった3月末現在、26農場が認証を受けたことが分かった。農場の衛生管理や環境保全、アニマルウェルフェア(快適性に配慮した家畜の飼養管理)などの基準を満たし、特に家畜衛生への意識が高い農家が取得している。国内の畜産の課題である効率化や労働の安全確保も促すだけに、今後取得をどう加速させるかが課題になる。
1 2

おすすめ記事

農政の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは