植物工場58%赤字 ノウハウ蓄積改善の鍵 施設園芸協会調査




 日本施設園芸協会の調査で、全国の大規模施設園芸と植物工場の事業者の45%が経営赤字となっていることが分かった。蛍光灯などで作物を育てる植物工場だけを見ると赤字は58%に上り、経営の難しさが浮き彫りになった。ただ、稼働年数が長いほど黒字の割合が増えることから、同協会は栽培や労務管理のノウハウの蓄積が経営改善の鍵とみる。

 
1 2

おすすめ記事

経済の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは