JAのCE施設 担い手貸与進む 大規模生産の支え 農水省調査

 JAが運営するカントリーエレベーター(CE)を、地域の大規模法人などの担い手に貸し出す動きが広がってきたことが農水省の調査で分かった。担い手の新たな設備投資の抑制につながり、CEの稼働率も向上し、担い手とJA双方に利点がある。政府が重点課題に掲げる米の生産コスト削減に有効な手段として、農水省は有望視。各地に広めたい考えだ。
 
1 2

おすすめ記事

JAの新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは