大手米卸、米油に参入 家庭向け国産需要商機

 大手米卸が、米油事業に相次いで参入している。健康志向の消費者を中心に、家庭向けの国産需要が高まっていることを受け、油脂メーカーとの業務提携や製造施設の整備を進める。米業界は、副産物である米ぬかを活用した新たなビジネスチャンスと捉える。植物油の原料となる大豆やナタネは輸入頼みのため、国産で原料を賄える米油は、自給率向上の取り組みとしても注目を集める。(北坂公紀)
1 2

おすすめ記事

経済の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは