データを共有、利用 スマート農業重点 政府が成長戦略素案 

 政府の未来投資会議(議長=安倍晋三首相)は4日の会合で、新たな成長戦略「未来投資戦略2018」の素案をまとめた。農業分野では、ロボットや情報通信技術(ICT)を活用したスマート農業の加速が柱。さまざまな農業データを集め、共有できるようにする「農業データ連携基盤」の稼働に向けた環境整備を進める。作付けから収穫まで一貫して「スマート化」を進めるモデル事業の推進も盛り込んだ。
 
1 2

おすすめ記事

農政の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは