種子法復活法案 安定供給の確保焦点 与野党主張は平行線 衆院農水委

 衆院農林水産委員会は6日、野党が共同提出した主要農作物種子法を復活させる法案を審議した。野党側は、都道府県による種子生産の後押しや過度な民間参入、知見流出を防ぐ手段として同法の重要性を指摘。一方、政府・与党側は、こうした懸念と種子法廃止との関連は薄く、需要に応じた多様な種子供給につながるとの考えを強調。政府・与党と野党の主張は平行線をたどった。
 
1 2

おすすめ記事

農政の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは