全中 青果対策の考え方 中小農家支援を 19年度

 JA全中は、2019年度の青果対策に関するJAグループの基本的考え方をまとめた。中長期的には、生産基盤が弱体化する中で、機械化や技術導入など「省力化農業」への転換が必要と提起。特に産地を支える中小規模の生産者への支援が必要とした。19年度は、省力化や生産拡大につながる国の産地パワーアップ事業について、中小規模の生産者も使いやすくするよう求める。
1 2

おすすめ記事

JAの新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは