対中摩擦で米国農家の不満噴出 沈静化へ日本標的

 米国と中国の貿易摩擦のあおりで、農産物価格に悪影響が出始めたことから、米国の農業団体が一斉に事態の沈静化を要求している。トランプ政権は支持基盤の一つである農家からの強い不満を抱え込むことになった。日本と米国は、7月下旬にも新たな貿易協議を始める。そこで、米国は、日本への農産物市場の開放圧力を強めるだろう。
1 2

おすすめ記事

農政の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは