農業経営 参画へ女性“二の足” 男性は6割「望む」 農水省調査

 女性農業者の経営参画に関する意識が、男女で大きな差があることが農水省の調べで分かった。男性の6割が女性の主体的な経営参画を望んでいる一方で、主体的に携わりたいとした女性は3割にとどまった。男性が女性の力を求める一方で、女性は農業技術や経営に関する知識不足や、家事・介護・育児の負担が参画の課題となっている。女性の研修の場を増やすなどの対策に加え、育児負担の軽減などの環境整備が求められる。
1 2

おすすめ記事

農政の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは