政府責務で農作業事故予防 5カ年計画策定へ 韓国

 韓国政府が、農作業事故予防に向けた5カ年計画を策定する準備に入ったことが分かった。労災保険に当たる農災保険法が改正され、関連施行令が5月にスタートしたことを受けた初めての取り組み。改正法は農相に当たる農林畜産食品部長官の責務を明確化したのが特徴。2年ごとの実態調査や計画策定、履行実績の評価、次期計画への反映を政府の責任で進める。農作業事故防止では、韓国の対策が日本の先を行っている。計画は来年4月までに確定する見通し。
1 2

おすすめ記事

農政の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは