北海道地震 落果、倒伏 トマト無残 北海道むかわ町

株の倒伏被害が発生したトマトのハウス(8日、北海道むかわ町で)

 北海道地震で、むかわ町のトマト産地が深刻な被害を受けている。同町は最大震度7の地震が発生した厚真町に隣接する。ハウス内は落果したトマトが散乱。ほぼ全株が支柱ごと倒伏した農家もいる。収穫ピークを迎える中、集出荷施設が被災して受け入れができず、トマトの廃棄も発生している。

 ビニールハウス23棟(75アール)で栽培する同町の前田拓郎さん(36)は、全棟でトマトの株が支柱ごと倒伏した。復旧に追われるが、減収は免れない。「どの程度の損害になるのか」とうつむく。

 町内では、地震前日の台風によるビニールハウスの被害なども相次いだ。集出荷施設も被災しており、トマトの出荷は困難だ。JAむかわトマト部会の高柳壮部会長は「今年は天候不良で米などが不作。トマトに期待していただけに残念」と肩を落とす。

 同部会では今年産は11月上旬までに2700トン以上を出荷し、10億円の販売目標を掲げていた。

JAの長門宏市組合長は「一日も早く出荷できる体制を整えなければならない」と強調する。

おすすめ記事

地域の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは