道産野菜 入荷が回復 週末にかけて安定 東京市場

 東京都中央卸売市場大田市場で、北海道地震の影響で急減した道産野菜の入荷量が回復してきた。地震発生から1週間がたった13日、タマネギは366トン(農水省調べ)と、平常取引だった6日の2倍となったのをはじめ、軒並み出回りが増加。地震発生後の大規模停電が復旧し、物流網の正常化や選果場の再稼働が後押しした。卸売会社は「週末にかけて入荷が安定し、落ち着いた取引となる」と見通す。

 
1 2

おすすめ記事

営農の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは