18年産米JA概算金 主力銘柄は500円高中心 農家の所得確保意識 交付金廃止踏まえ

 JA全農県本部や経済連がJAに示す2018年産米の「JA概算金」が出そろった。主力銘柄は前年産から60キロ当たり500円前後上げ、1万3000円台が中心。17年産に追加払いしたケースもあり、実質は横ばいか小幅上げになる。米の直接支払交付金(10アール7500円)が廃止された影響を抑えるため、産地は農家の所得確保を意識した設定。米集荷量を積み上げ安定販売につなげたい考えだ。
1 2

おすすめ記事

JAの新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは