【速報】 日米貿易交渉入りで合意 農産品含め全品目対象

 安倍晋三首相は26日(日本時間27日)、米国・ニューヨークでトランプ米大統領と会談し、日米の全ての物品を対象にした2国間貿易協定(TAG)の交渉を始めることで合意した。共同声明では、農林水産品の関税は、環太平洋連携協定(TPP)で合意した内容を最大限とするとし米国も「尊重する」とした。ただ、米国政権の出方は不透明で、予断を許さない交渉となる。
 会談後に記者会見した安倍首相は、米国が検討する自動車関税への追加関税措置について「課されることがないことを確認した」と述べ、交渉中は発動しないとの認識を示した。
 TAGについては「包括的な自由貿易協定(FTA)とは異なる」と述べたが、米国との本格的な関税交渉を受け入れたことで実質的なFTA交渉入りとの指摘もある。

おすすめ記事

速報の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは