洋花類が上げる 高温影響 出荷落ち込む

 秋の婚礼需要期を迎えたバラやガーベラなどの洋花で、品薄高の品目が目立っている。3日のバラ類の日農平均価格(各地区大手7卸のデータを集計)は1本100円と過去5年平均(平年)を2割上回った。販売量は同2割減。夏場の高温などが影響して出荷量が落ち込んだ。今後も出回りは鈍いままで、卸売会社は「10月後半まで相場は堅調に推移する」と見通す。
1 2

おすすめ記事

経済の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは