人・農地プラン 農地バンク見直し議論 重視の機運高まる

 農地中間管理機構(農地集積バンク)の見直し議論の本格化を控え、「人・農地プラン」を重視する機運が政府・与党内に広がってきた。農政に厳しい提言を繰り返す財務省の審議会でも、機構による農地集積の促進へ、地域一体で利用計画を定める同プランの有効性を指摘。企業参入の阻害要因とされ、プランの法的位置付けが弱められた経緯があるが、「今こそプランの価値を直視し、法的位置付けの議論を深めるべきだ」との声が上がる。
1 2

おすすめ記事

農政の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは