天皇杯受賞 喜びの声 技術磨き、地域を先導──模範に

 2018年度(第57回)農林水産祭天皇杯が決まった18日、受賞者・団体は経営の歩みを振り返るとともに、喜びをかみしめた。省力化、高収量、品質向上、地域づくり……。これからの日本農業の発展に模範となる優れた取り組みが評価された。
1 2

おすすめ記事

農政の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは