有機食材使用・提供一目で 飲食店JAS認証

 農水省が、有機農産品を使った料理を提供する飲食店に対して認証を与える日本農林規格(JAS)を新たに定めることが18日、分かった。有機JAS認証を取得した食品を一定量使うことなどを条件とし、認証を受ければ、店舗でJASマークを使用できる。有機農産品に対する関心の高いインバウンド(訪日外国人)の増加を背景に、有機食品を提供する店舗を分かりやすくする。19日のJAS調査会で示す。早ければ今年度末までに新規格として運用する。
1 2

おすすめ記事

農政の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは