[活写] 特産も五輪・パラも ネライ定め

県特産の長ネギを生かし東京五輪をPRする「ねぎライフル」。ネギそっくりの見た目が子どもに人気だ(埼玉県富士見市で)

 埼玉県特産の長ネギを射撃競技の銃に見立てた玩具「ねぎライフル」が登場した。産地のPRと東京五輪・パラリンピックの盛り上げに照準を合わせる。

 同県にある陸上自衛隊朝霞訓練場が射撃競技の会場に選ばれたことから、県南西部地域振興センターと朝霞市の東洋大学ライフデザイン学部の学生が共同企画。特産の長ネギと射撃競技を知ってもらおうと制作した。

 長さ42センチ、重さは350グラムの樹脂製で、3Dプリンターを使って本物そっくりに仕上げた。引き金を引くと先端のレーザーポインターから赤い光線が出る。光線が当たると、県内の市町村のゆるキャラが飛び出す的も作り、県内のイベントなどで体験会を開いている。

 同センターの三須康男所長は「大会の成功と、産地PRの両方を射止めたい」と話す。(富永健太郎)


 

動画が正しい表示でご覧になれない場合は下記をクリックしてください。
https://www.youtube.com/watch?v=yh8MvLfDmkU

おすすめ記事

動画ニュースの新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは