農地バンク 話し合い徹底促す 見直しで論点整理 農水省

 農水省は13日、農地中間管理機構(農地集積バンク)の見直しに向けた論点整理を示した。担い手への農地集積を加速させるため、地域で将来像を描く「人・農地プラン」を充実させ、地域で徹底した話し合いを促すことが柱。調整役となる農業委員会や農地利用最適化推進委員の役割を法令に明記。一定の実績があるJAなどが、機構に集めた農地の配分に関与できる仕組みを設ける。
1 2

おすすめ記事

農政の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは