防災重点ため池に新基準 5万カ所超選定へ 農水省

 農水省は13日、7月の西日本豪雨で決壊や応急点検が必要なため池が相次いだことを受け、国が優先的に補修対策などを講じる防災重点ため池の新しい選定基準を明らかにした。従来よりも対象が増え、約5万カ所以上が防災重点ため池に選定される見通しだ。
1 2

おすすめ記事

農政の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは