コンクリ面も農地に 監視徹底が課題 きょう改正法施行

 政府は16日、園芸用ハウスなど栽培施設の底地を全面コンクリート張りにした場合も農地扱いとする農地法などの改正法を施行する。コンクリ面上の施設が高さなどの基準を守れば農地転用を不要とし、固定資産税などの負担が増えないようにする。相続人の全容が不明の農地を、実際に管理する相続人1人の判断で担い手に貸すことができる制度も創設する。
1 2

おすすめ記事

農政の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは