19年産米の需給安定へ 再生協の役割重視 衆参農水委で農相

 衆参両院の農林水産委員会は15日、米の需給安定や日米貿易交渉などを巡り、政府と野党が論戦を繰り広げた。野党側は、生産調整見直し2年目の2019年度に、主食用米の増産が進む恐れを指摘。吉川貴盛農相は需要に応じた米生産に向けて、地域の農業再生協議会の役割を重視し、支援する考えを示した。
1 2

おすすめ記事

農政の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは