規制会議 手のひら返し 人・農地プラン 批判が期待に

 農地中間管理機構(農地集積バンク)の見直し議論で、政府の規制改革推進会議の主張の変化が際立っている。機構創設時は地域の農家らの話し合いで作る「人・農地プラン」の法制化に対し、企業などの新規参入が阻害されるとして反対したが、今回プラン重視を打ち出した農水省の方針案に「期待」も表明した。手のひら返しの同会議に対し、農業関係者からは「過去の主張の妥当性について、厳しく検証すべきだ」との声も上がる。
1 2

おすすめ記事

農政の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは