豚コレラ2例目疑い 1例目農場から8キロ 岐阜市

 農水省は16日、今年2例目となる豚コレラの疑い事例が岐阜市で発生したと発表した。同市では9月に国内で26年ぶりに発生しており、その農場から8キロ離れた市畜産センター公園で飼育する豚から確認された。同日中に同公園で飼養する23頭は殺処分し、防疫措置を終えた。疑似患畜の確認と同時に、半径3キロ未満を移動制限区域、3~10キロを搬出制限区域に設定。3~10キロには六つの養豚場と、イノシシ農場が一つ、大学が一つある。

 同公園が15日、体調不良の豚がいると岐阜県に通報。県中央家畜保健衛生所が立ち入り検査した。発熱と食欲不振の状況に加え、豚コレラに顕著な白血球の減少を確認。16日に血液の遺伝子検査で豚コレラウイルスの陽性反応が出た。

 同公園では1例目の発生以降、豚を屋内で管理し、外部との接触はなかったという。ただ、公園内で感染した野生のイノシシが2頭見つかっている他、周辺でも多発していたことから、警戒を続けていた。同公園では豚の出荷は12日まで続けていたため、出荷先の岐阜市のと畜場は受け入れを一時自粛。と畜場を利用するなど、関連する19農場の出荷も自粛している。ふん尿は隣接の施設で堆肥化処理しており、堆肥の出荷を止めた。

 同省は疫学調査チームを派遣し、感染経路を調査中。豚コレラは豚やイノシシの病気で、人には感染しない。防疫措置終了後、新たな発生がなければ、17日を経過した12月4日に搬出制限が、28日後に移動制限が解除される見通しだ。

おすすめ記事

農政の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは