農業の外国人材受け入れ 派遣形態も想定 衆院法務委で政府

 外国人労働者の受け入れ拡大に向けた出入国管理法などの改正案が21日、衆院法務委員会で実質審議入りした。政府は農業分野で、人材派遣業者を通じて農家が外国人を受け入れる形態も想定していることを明らかにした。野党は現行の技能実習制度で生じている問題の対応などが先決と訴え、徹底抗戦の構えを強める。審議日程は窮屈となっており、会期延長の可能性も高まっている。
1 2

おすすめ記事

農政の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは