植物品種保護条約 東南アに加盟訴え 国産無断増殖防止へ 農水省

 農水省は、日本で登録された品種が海外で無断増殖・栽培されないよう、東南アジア諸国連合(ASEAN)の参加国に対し、植物新品種の保護に関する国際条約(UPOV条約)への加盟推進に乗り出す。アジア地域で条約加盟国を増やして品種の保護環境を整え、日本の優良品種の海外展開を後押しする。
1 2

おすすめ記事

農政の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは