食、農、JA 大学生が研究披露 27チームが競う 日大と全中連携

最優秀賞を受け取る「チーム サステナ」(25日、東京都世田谷区で)

 日本大学商学部などは25日、JA全中と連携し、大学生が食や農業、JAなどに関する調査・研究成果を競う発表大会を東京都世田谷区の同大学で開いた。全国11大学から27チームが参加。最優秀には、漁業資源の枯渇を防ぐためにカードゲームを開発し、消費者の意識改革に一定の効果を出した同大学の「チーム サステナ」が輝いた。優秀賞には、都市農業の振興に向けてJAと連携してバスツアーを実施した同大学の「カワノ野菜生活」が受賞した。
1 2

おすすめ記事

JAの新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは