水稲除草剤 SU抵抗性にも有効 20年産へ向け開発 全農と三井化学アグロ

 JA全農と三井化学アグロは27日、新しい水稲用除草剤の有効成分「サイラ」の共同開発を発表した。スルホニルウレア系(SU)抵抗性雑草を含め、広範囲の広葉雑草やカヤツリグサ科雑草に有効。一発処理剤としても十分な残効性があり、田植え同時処理にも向く。同成分を含んだ4剤の農薬登録を申請しており、2020年産の作付けまでに発売を目指す。
1 2

おすすめ記事

営農の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは