競争力支援法 花咲ふくい認定 米施設集約化を推進 JA系統で初

 農水省は4日、農業関連業界の事業再編を支援する農業競争力強化支援法に基づき、福井県のJA花咲ふくいを支援することを決めた。JAが米の乾燥調製施設を新設し、既存の5カ所の施設の作業を集約化する際、設備投資に関わる割増償却が受けられるようになる。同法に基づく支援は13件目で、JA系統では初めて。
1 2

おすすめ記事

JAの新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは