甘味資源 万全措置を 主産3道県代表者集会

 2019年度甘味資源作物対策の決定を前に、北海道、鹿児島、沖縄の主産3道県の中央会とJA全中は4日、与党農林幹部を招いた要請集会を東京都内で開いた。生産農家ら150人が参加。①サトウキビ、でんぷん原料用カンショの生産者交付金を再生産可能な水準とする②働き方改革を踏まえた製糖業者への支援③台風や病害虫被害に対応するサトウキビ増産基金の継続④畑作構造転換事業の安定的な予算措置──などを求めた。
1 2

おすすめ記事

農政の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは