農作業受託 全国展開 労力支援で地方創生 次期計画に明記検討 全農

 JA全農は、農家の労働力支援を通じた地方創生に取り組む。先行する全農おおいたの事例を参考に、農作業受託事業を全国的に展開。人手不足を補うだけでなく、さまざまな人が農業に関わるきっかけとしたり、賃金を得ながら農業の経験を積む準備の場としたりすることで、就農や移住へのハードルを下げ、農村に人を呼び込んで活性化する。2019年度からの次期3カ年計画に盛り込む方向で調整する。
1 2

おすすめ記事

JAの新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは