温暖化、マルチ普及 栽培容易に 北海道で サツマイモ 加熱して甘味強く ペースト加工も◎

農研機構が都内で開いたサツマイモ品種に関する発表会で展示された、道産のサツマイモ(東京都北区で)

 青果用サツマイモの栽培が、北海道で増えている。もともとは南米の熱帯地方原産の作物だが、地球温暖化とマルチ栽培の普及で、北国でも栽培しやすくなったためだ。調理すると甘くしっとりすることも栽培を後押しする。北海道向け品種の育成も始まっており、数年後にはデビューする見込みだ。
1 2

おすすめ記事

営農の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは