[活写] 寒夜も華やか

夜にイルミネーションで輝く「八重の棚田」(鹿児島市で、10秒間露光)

 農閑期の冬も棚田の景観を楽しんで──。鹿児島市郡山町にある「八重の棚田」を農家らが発光ダイオード(LED)で飾り、見物客が足を運んでいる。

 約30戸の農家でつくる八重地区棚田保全委員会のメンバーらが企画。15アールにLED照明を計4万5000個並べた。太陽光パネルで発電した電気で日没後に自動で点灯。天気が良ければ空の星や市街地の明かり、桜島との“競演”も見られる。

 棚田の魅力を発信する同委員会会長の高橋正一さん(62)は「冬の棚田は寂しいと思われがちだが、ここは華やかですよ」とアピール。点灯は2月14日まで。(富永健太郎)

おすすめ記事

地域の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは