狩女奮闘 相次ぎ組織化 美容・健康… 視点新た 無駄なく活用

レトルトカレーのパッケージを考える福岡さん(中)と全国狩女の会のメンバー(石川県穴水町で)

 女性狩猟者の組織が続々と誕生している。組織化することで野生鳥獣の肉(ジビエ)専門店の立ち上げや、革細工のブランド化を実現。男性社会の狩猟業界で、狩りをするだけでなく加工・販売まで手掛け、利活用を広めようと奮闘する。(高内杏奈)
 

商品開発、ジビエ店も


 「低カロリー、高タンパク質の文字をパッケージに入れようよ」。昨年12月下旬、石川県穴水町で「全国狩女(かりじょ)の会」が、イノシシと鹿の肉を使ったレトルトカレーの開発会議を開いた。メンバーは、同県内と千葉県の女性狩猟者5人だ。

 会は同町の狩猟者、福岡富士子さん(48)が2017年に立ち上げた。全国の女性狩猟者を訪問して知り合った仲間の他、インターネット交流サイト(SNS)を通じてつながった49人で構成する。

 カレーは、県内の障害者福祉施設を運営する「生きがい工房」に肉を提供し、製造を委託。施設内のカフェでジビエカレーとして販売している。工房の奥田和也社長は「鉄分が豊富、肌に良いなど、美容の面から女性に提案してくれる。私たちでは思い付かなかった」と評価する。

 18年10月には飲食店と提携し、同県七尾市の解体施設の隣にイノシシ料理専門店「狩女の里」をオープン。メンバーが解体したイノシシの肉を卸し、ぼたん鍋、しゃぶしゃぶなどジビエ料理のメニューを考案している。

 「女は引っ込んでろ」という男性からの言葉が同会発足のきっかけだ。福岡さんは狩りに行きたいと手を挙げても認められず、地元の猟師に受け入れてほしいとひざまずいた。「悔しくて、何なんだよと叫んだこともあったが、男性が狩猟の歴史を築いてきたことは事実。どうしたら壁を崩せるか葛藤していた」と振り返る。「イノシシが撃たれ、解体され、調理される。いただきますの意味を改めて考えさせられた。命を生み出す女性だからこそ、命を無駄にしたくない」と利活用に燃える。

 県内の女性狩猟者と交流した時、同じ悩みを抱えていることを知った。処理施設を自由に使いたい、狩りに行きたい──。「悩みを共有し、口に出すと心は軽くなる」と福岡さん。組織化で革細工のブランド化やイベント開催が実現し、害獣駆除に対して本気であることが徐々に理解された。

 和歌山県猟友会は18年10月、会員の要望を受け女性部を立ち上げた。20~50代の約10人で構成。今年から本格的に始動する。イノシシと鹿の皮を使ったアクセサリーやジビエ料理で、有害鳥獣の活用を呼び掛ける予定だ。猟友会は「女性の活動により、狩猟を身近なものに感じてほしい」と期待する。14年には大阪府、16年には大分県でも女性組織が誕生している。
 

会員数右肩上がり


 大日本猟友会の会員数は1978年度の42万4820人をピークに減少傾向だったが、2017年度は10万5786人と前年度に比べ528人増加。このうち女性会員は15年度1183人、16年度1571人、17年度1908人と増加している。同会の浅野能昭専務は「ジビエ料理を提供する飲食店が増えて身近になった。食べるだけでなく狩る方の関心も高まっている」と分析する。
 

参入しやすい環境づくりを 兵庫県立大学の横山真弓教授の話


 女性狩猟者の割合が増え、捕獲した害獣の利活用が進んでいる。ジビエ料理をきっかけに、食育や福祉事業との連携なども実を結んできた。女性が組織化するのは変革の第一歩であり、狩猟の担い手としても活躍してほしい。課題は男性の意識改革、環境整備だ。女性用狩猟ジャケットの開発など、女性が参入しやすい環境づくりが必要だ。
 

おすすめ記事

経済の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは