農地バンク見直し法案 集積へ手続き簡素化 配分案、指定JAが作成

 農地中間管理機構(農地集積バンク)の見直しへ、政府が今月下旬召集の通常国会に提出する法案の概要が分かった。機構が農地の借り入れと転貸を一括でできる仕組みを創設し、担い手に集積するまでの手続きを簡素化。さらに集積実績を上げてきたJAなどの取り組みを生かすため、機構から担い手への農地の配分計画の案を市町村が指定するJAなどが作成できる仕組みを導入する。
1 2

おすすめ記事

農政の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは