[活写] 冬だって きらり

乾かしたリンドウを使ったハーバリウムとろうそく。パート女性の冬の仕事として定着をめざす(岩手県八幡平市で)

 岩手県八幡平市のリンドウ農家、宮野亜由美さん(36)が、農作業が少ない冬場の新ビジネスとして、パート従業員と規格外品の花を使った飾りなどの加工品作りに挑戦している。

 ドライフラワーと標本用のオイルを瓶に詰めた花の色を長く楽しめる「ハーバリウム」や、花で飾ったろうそくなど5種類を作る。

 同市はリンドウの生産量が全国一。宮野さんは、出荷で忙しい夏から秋に雇う子育て中の女性パート10人が「冬でも活躍してほしい」と発想。自宅の直売所などで売り始めた。「地元で開く制作の体験教室も好評」と手応えをつかんでいる。(染谷臨太郎)
 

■この記事の「英字版」はこちらをクリックしてください。

おすすめ記事

地域の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは