飲用乳価4円上げ 19年度 乳製品入札は7万トン ホクレン

 ホクレンは9日、乳業メーカーとの2019年度乳価交渉の結果、飲用向けと発酵乳向けなどを1キロ4円(税別)引き上げると発表した。生産者に支払う平均乳代(プール乳価)は同年度、同100円を超え、現段階で前年より同1円20銭上がると見込む。同年度の乳製品向け生乳の入札取引では、道産生乳増産の見通しを基に、上場数量を前年度2万トン増の7万トンとした。
1 2

おすすめ記事

経済の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは