有機飼料に新助成金 JAS取得で最大4・5万円 農水省

 農水省は、酪農の環境負荷と農家コストの負担軽減を狙い、有機飼料の作付けに1ヘクタール当たり最大4万5000円を交付する事業を新たに始める。乳牛1頭当たり、都府県で10アール、北海道で40アールの飼料作物を作付け、堆肥全量の草地への還元など一定の生産要件を満たせば1ヘクタール当たり1万5000円を交付する。さらに、飼料の有機JAS取得で3万円を上乗せする。
1 2

おすすめ記事

農政の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは