[e農スマートアグリ] ロボットトラクター 100馬力機を披露 大規模畑作に対応 クボタ

クボタが開発を進める100馬力のロボットトラクター(16日、京都市で)

 自動での走行や旋回などができるロボットトラクターの選択肢が広がった。農機メーカーのクボタが、16日に京都市で開いた製品展示会で、開発中の100馬力トラクターを披露した。既存機種が60馬力だったのに対し、馬力の要る大規模畑作に対応した。直進アシスト機能を搭載したトラクターでは、20馬力クラスの機種をお披露目。担い手の多様なニーズに応えるとともに、スマート農機市場の拡大を見越し、品ぞろえを拡充した形だ。
1 2

おすすめ記事

営農の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは