農作業事故「把握」37% JAの取り組み調査 啓発活動浸透も… 計画策定は32% 全中

 JA全中は28日に農水省が開いた農作業安全に関する会議で、JAグループの取り組み状況を報告した。「農作業安全年間取組計画」を策定したり、農作業事故発生状況の把握をしたりするJAはまだ4割以下にとどまっていることが分かった。全中は「今後、しっかりやっていくよう提起したい」と農作業安全への一層の取り組みを促した。
1 2

おすすめ記事

営農の新着記事

検索

e農サーチ e農サーチとは